スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

缶蹴りについて

大学院時代、子どもの遊びの研究をチョコっとしておりました。
「缶蹴り」「ケイドロ(まっちゃんの地区ではドロ警)」は、遊びのアルティメットというか
王道でした。完璧に構成された揺るがないルールがあり、全てに無駄がなかったように思います。

参加者から「缶蹴りしようぜ」という雰囲気になり、様子を伺っていると、
どう考えてもルールがおかしい・・・
連携プレーもなければ、知恵も使う雰囲気ではない。

こうなれば大人も参戦だ!ということで大学生と一緒に参加しました。
まず、おかしいルールを訂正して、「子ども相手に大人らしくない技」を伝授してあげました。
指導する前には、一箇所にしか隠れていなかった子どもたちも、
公園全体を使って行動することができました
6年生の児童は、学生のジャンバーを着てカモフラージュしていました。
ものすごく楽しかったです。

ただ、子どものすごいところは、全く知り合いでもない子どもを巻き込んで遊んでいたことです。
「あの子は友達?」「いや、知らない子!」「・・・・・・」
確かに、鬼が見つけた時の呼び方がおかしくて「灰色の帽子の子!」とか言ってました。

流石は子どもです。
スポンサーサイト

先日のプレーパークの様子

秋本番になり公園の木々も色付いてきました。
10月のプレーパークは、朝晩が冷え込むむものの日中は気温が高くとても過ごしやすいですよ〜。

さて、先日のプレーパークでの出来事を紹介しますね!

なんと、約4ヶ月ぶりに、プレーパークのアイドル「げんちゃん」が遊びに来てくれました。
スタッフの間では、「重い病気にかかったのでは・・」「引越ししたのかも・・・」という
良からぬ噂が立っていましたが、お母さん曰く「ちょうど都合が合わなくて」とのことで
スタッフ全員が安堵しました。
げんちゃん
4ヶ月という長いようで短い時間の間に、「げんちゃん」は多弁になっていました。
来年は幼稚園に入園するそうなのですが、子どもの成長は早いものです。

今回、ご一緒になった会社の有志メンバーによるバーベキューのパーティーさんが
「ここで紙芝居をやるのでよかったらどうぞ!」と言っていただきました
プレーパークの参加者もお言葉に甘えてご一緒させていただきました。
紙芝居
「いやぁオシャレな活動やねぇ!」と自分たちの反省も含め感動しておりました。
我々ももっとおしゃれにと思い、終了後の短い時間で「スリーオンスリー」をやりました。
おしゃれどころか、大学生は真剣そのもの。
「ドッヂボールやないんやから、相手に当てたらあかん!」「ボールを持って走ったらあかん!」
バスケットボールの基本ルールを知らない子どもたち相手にがんばりました。
久しぶりにいい汗をかいたと思います。

こんな感じにゆる〜い活動を細々とやってます。

うれしい出来事!

先日、東京都教員採用試験の合格発表がありました。
大谷戸プレーパークTAMAのメインスタッフの「うめ」こと太田くんが、
東京都の中学校教員として合格しました。

「うめ」は、非常に真面目な性格、機転が利く行動力と優しい心の持ち主です。
プレーパークでも、温かい眼差しで子どもたちの行動を観察し、
子どもたちからも慕われている頼もしい存在です。
まっちゃんは個人的に「小学校の先生に!」なって欲しかったんですが・・・・

うめ
「うめ」というキャンプネームにも彼の性格が現れます

お時間があれば「なんで うめ なん?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

明日10月25日は予定通り開催します。
それでは大谷戸公園でお会いしましょう!!

10月25日のプレーパークは?

冷たい雨ですね・・・・
くれぐれも体調を壊さないようにしてくださいね!
さて次回のプレーパークは10月25日土曜日です。
今のところ天候も良さそうです。
予定通り開催します。

まっちゃんが子どもだった頃、ゴム鉄砲作りが大好きでした。
割り箸を適当に組み立てて使い終わったらゴミ箱行きでした。
大人になってから、それなりの技術とお小遣いを持つことができるようになりました。
今回は、木を使った「ゴミ箱行き」にならないようなゴム鉄砲を作ってみようと思います。

前回、小学3年生のお友だちがサツマイモを持ってきてくれました。
焼き芋の季節になりましたので、焼いてみたい人はお持ちください。

それでは大谷戸公園でお会いしましょう!

毎年恒例?極寒体感キャンプ

毎年恒例になりつつある
プレーパーク有志メンバーによる「極寒体感キャンプ」の時期が近づいてきました。
(といっても12月に計画しているのですが)
おおよそですが、12月のプレーパーク(多分第2週の12月13日?)が終了してから
翌日曜日の午前中にかけて、大谷戸公園キャンプ練習場にて
時期外れのキャンプを計画しております。
火にあたりながら温かいものを食べ、子育ての話やアウトドアの企画、
多種多様な会話が繰り広げられるイベントです。
初めて参加の方でも、アットホームな雰囲気が心まで暖かくしてくれます。

興味がある方や参加を希望される方は、プレーパークのスタッフか、本ブログにメールをください。
よろしくお願いします。

前回のプレーパークでの出来事

台風18号19号が猛威を振るって、全国至る所で被害が出ているようです。
被害に遭われた方々の早急な復旧をお祈り申し上げます。

前回10月11日のプレーパークでの出来事を紹介しますね!
プレーパークではスタッフが見守る中、様々な体験活動を行っていますが、
前回はナイフの使い方を見守りました。
ナイフ

小学生4年生の参加者ですが、とても上手に使える様になりました。
褒めれば褒めるほど「今度は鉛筆を削ってみたい」と夢中になっていました。
ナイフなどの、一歩間違えれば事故につながる道具も、自分で痛い思いをするからこそ
その道具の正しい使い方を(人を攻撃するのではない)体得するのだと思います。

バーチャルな遊びが多いなか、リアルな体験は子どもの発育にとって重要なことだと
思います。プレーパークがすべて良いとは思っていませんが、
自由な遊びの空間を、これからの未来を担う子どもたちに、もっと提供していきたいと思っています。


台風の被害は出ていませんか?

昨日から降り続いた雨もようやく上がりましたね!
台風一過の青空は、心が洗われるようで気持ち良いかぎりですね。

この時期の台風は、去年の台風26号の事を思い出します。
伊豆大島では甚大な被害に見舞われましたね。
まっちゃんもお手伝いに行きました。
自然の脅威と素晴らしさの両方を感じたことを思い出します。
「自然」に立ち向かうのではなく、共存するために様々な体験活動が
必要なんだろうと。そんな意味でもプレーパークという、与えられた環境での遊びではなく、
自らチャレンジしてみる遊びが子どもたちには必要なんだと思っています。

今週末は10月最初のプレーパーク!
火起しの練習には程よい季節となりました。
火の大切さ、火の恐ろしさを体験してみてはいかがでしょうか?

またご案内しますね!

前回の出来事!

9月27日のプレーパークは、おかげさまで多くの参加者がありました。
デング熱の影響か、親子連れの方が多かったように思います。
前からやってみたかった「燻製」にチャレンジ!

写真はありませんが、とてもいい感じに仕上がりました。
食材は「チーズ」「ウインナー」「厚切りベーコン」
煙に燻され、味に厚みが出た感じ。
道具はコピー用紙の空箱と、針金、小さな金網。空箱以外100円ショップで
入手できるものばかりです。チップは「なら」の木を多く含んだ固形のもの。
道具より材料にお金がかかりました。
子どもにも好評で、次回もチャレンジしようかと

沼津市出身のお母さんが前回、「次回、海の幸を持ってきますね!」と
言われていたのをすっかり忘れてたんですが、14時頃に「イカ」をお持ち頂きました。
常連の子どもにも「10分で火を起こして」と指令を出しイカを焼きました。
とても美味しかったです!

なんだか将来の「呑んべぇ」を育成しているような気が・・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。